ロレックスの修理前に知っておきたいこと
おすすめのロレックス修理店情報をまとめています。
ロレックス修理店
費用比較リスト
  1. ウォッチ
    ホスピタル

    防水検査やキズ磨きなど
    オーバーホール特典あり

    オーバーホール料金
    2万3,000円~

    公式HP

  2. カナルクラブ

    月間600本以上の修理実績
    業界の評価も高い老舗

    オーバーホール料金
    1万7,000円~

    公式HP

  3. ドクター
    ウォッチ

    自宅にいながら申込みOK
    使い勝手のよいサービス

    オーバーホール料金
    3万8,900円~

    公式HP

ロレックスの修理前に知っておきたいこと » 修理前におさらい!ロレックスの魅力とケア法 » 外装研磨でピカピカに!ロレックスのオーバーホール

外装研磨でピカピカに!ロレックスのオーバーホール

ロレックスのオーバーホールは中の点検だけじゃない!

ロレックスを持っていると、数年に一度のメンテナンス「オーバーホール」は長持ちさせるために必ず必要です。

オーバーホールをロレックスで行うと、注油や時計が動くための部品を取り換えると、ケースとブレスレットの外装研磨もしてもらえます。また、ロレックス直営店以外でオーバーホールを行った場合には別料金の場合も多いですが、外装研磨ができることがほとんどです。

外装研磨を行うことで、新品のような美しい見た目が戻ってきます。どのような手順でロレックスの外装研磨が行われるのか、詳しく解説していきます。

外装研磨とは時計の外装のパーツを磨くこと

ロレックスの外装研磨とは、ロレックスの外側の金属のパーツを磨いて、きれいにすることです。時計は日々使用していくことで細かい傷が付いてしまったり、衝撃でパーツが壊れてしまうこともあります。

パーツを取り換え、磨き上げることでピカピカのロレックスが手元に戻ってきます。

外装研磨では磨く時に金属を削る

外装研磨では、ロレックスの金属部品を削って平らにすることで、ピカピカの見た目を取り戻します。外装研磨で削るのはわずかな厚みなので、時計の強度や動作には影響ありません。

外装研磨のみの依頼も可能

ロレックスは外装研磨のみを依頼することも可能です。

例えば、大切な式典を控えていてロレックスの見た目だけをメンテナンスしたいような場合には、外装研磨だけを依頼するのもおすすめです。

また、中古品のロレックスを手に入れて、ひとまず外装研磨をしたいような場合でも、お店によっては対応してもらえます。

外装研磨の料金

外装研磨の料金はお店によって異なります。定額で外装研磨を行っているお店もあれば、内容や時計の材質によって異なる場合もあります。

例えば、外装研磨を行うのがケースだけなのかブレスレットだけなのかあるいは両方の中で料金が異なる場合もあります。また、時計の外装に使用されている金属の種類によって外装研磨の料金が異なる場合もあります。

ステンレスが比較的低額で、金やプラチナ製は少し高額な場合が多い傾向にあります。

また、お店によって品質も多少異なるため、価格だけでなくお店の評判なども調べておくのがおすすめです。

外装研磨にかかる期間

外装研磨を行うには、おおむね3?4週間が必要です。必要な時に手元にロレックスがないと困るので、1カ月弱は手元にないことを認識した上で、外装研磨に預けるようにしましょう。

外装研磨が適さない場合

手元のロレックスの状態によっても、外装研磨が適していない場合もあります。どのような状態のロレックスが外装研磨に適していないのかを解説していきます。

刻印・特殊な装飾

刻印など、外装研磨をしてしまうことで刻印や装飾がなくなってしまうような特殊な外装のロレックスには、外装研磨が適していない場合もあります。

大きな傷、凹み

ロレックスを落としてしまったなどの理由で大きな傷や凹みがある場合は、外装研磨だけでは美しい見た目は戻ってきません。そのような場合、美しい外観を取り戻すためには外装研磨だけでなくパーツの取り換えも必要です。

ロレックス修理店おすすめBEST3

PAGE TOP