ロレックスの修理前に知っておきたいこと
おすすめのロレックス修理店情報をまとめています。
ロレックス修理店
費用比較リスト
  1. ウォッチ
    ホスピタル

    防水検査やキズ磨きなど
    オーバーホール特典あり

    オーバーホール料金
    2万3,000円~

    公式HP

  2. カナルクラブ

    月間600本以上の修理実績
    業界の評価も高い老舗

    オーバーホール料金
    1万7,000円~

    公式HP

  3. ドクター
    ウォッチ

    自宅にいながら申込みOK
    使い勝手のよいサービス

    オーバーホール料金
    3万8,900円~

    公式HP

ベルトのガタつき・破損

ロレックスのベルトが破損してしまったケースの修理について解説。故障の内容をはじめ、修理の方法やポイント・注意点をまとめています。

ベルトの破損とは

経年劣化や衝撃で破損したり、肌に密着していることからも摩擦や錆などで腐食してしまうこともあるベルト。修理によく出される部位です。

ベルトのピンは駒にきつく圧入されているので、そう簡単に外れることはありません。ですが、衝撃や摩耗、錆で腐食してしまうと、ポロリと外れてしまいます。一ヵ所緩くなっていたりすると、他も緩くなってしまっている可能性もあるので、すべてチェックする必要があります。

革ベルト場合では、ロレックスにこだわらずに付け替える人も少なくありません。オーダーメイドのベルトや高級本革のベルト、色やステッチ、形、穴の数など…時計店によってはさまざまなオーダーを受け付けていところもあるのです。

破損の具体例

  • 中留の蝶番部分がきれた
  • ブレスの変形や伸び
  • 駒ネジの緩みや錆び、折れ込み
  • 裏蓋ネジの錆び、折れ込み
  • バックル三つ折れピン外れ、破損

修理の方法

ベルト全体やバックル部分を確認し、汚れがある場合はきれいに取り除きます。ロレックス専用の工具を使って、ピンの止まり具合を一つ一つ確認していきます。特に金属ブレスレットの細かいパーツ部分などは、汗に含まれている塩分などで腐食してしまやすいので、劣化しているものは取り除き新しピンに交換します。

また、経年劣化による破損は免れません。その場合、メーカー純正品や凡庸ベルトとの交換になります。凡庸ベルトとはいえ、正規品とあまり変わらない良さを持つものもあり、こちらを選ぶ人も少なくありません。ベルトが破損することで弓カンに隙間があいてしまうこともあり、そうした場合は一緒に直してもらうこととなります。

修理のポイント・注意点

バンドの修理は、日本ロレックスだけでなく時計修理店でも可能です。特注での注文や本革での製作は、昔は日本ロレックスでしかなかなかできなかったようですが、最近では一般時計店でも受け付けているところが増えています。費用的に抑えたい場合は、一般時計店のほうがいいでしょう。バンド修理の実績をオフィシャルサイトで紹介しているところもあるので、先に確認しておくといいですね。

ロレックス修理店おすすめBEST3

PAGE TOP