ロレックスの修理前に知っておきたいこと
おすすめのロレックス修理店情報をまとめています。
ロレックス修理店
費用比較リスト
  1. ウォッチ
    ホスピタル

    防水検査やキズ磨きなど
    オーバーホール特典あり

    オーバーホール料金
    2万3,000円~

    公式HP

  2. カナルクラブ

    月間600本以上の修理実績
    業界の評価も高い老舗

    オーバーホール料金
    1万7,000円~

    公式HP

  3. ドクター
    ウォッチ

    自宅にいながら申込みOK
    使い勝手のよいサービス

    オーバーホール料金
    3万8,900円~

    公式HP

リューズの故障

ロレックスのリューズ交換をするケースについて解説。故障の内容をはじめ、修理の方法やポイント・注意点をまとめています。

リューズの故障とは

リューズはゼンマイを巻いてローターを回転させたり時計の針を回すだけでなく、防水機能の面でも大事な役割を担っています。ですから、リューズが外れたり、リューズ自体の調子が悪くなってしまったら修理に出して、新しいリューズに交換してもらうのがおすすめです。

もともとロレックスの時計は耐久性に優れた時計なのですが、リューズが故障してしまうと動元力のローターが動かず、正確な時間を図るのが難しくなります。さらに、時計は水に弱いですから、防水機能が低下すれば湿気や水などの侵入がしやすくなり、あっというまに壊れてしまうことも…。リューズの良し悪しは時計全体の状態に影響するので、定期的にチェックする必要があるのです。

故障の具体例

  • リューズが抜けた
    時計内部の潤滑油が乾燥してしまうと、各部品が消耗されて破損。リューズが抜けてしまうといったことも…。また、乱暴に扱うのも抜ける原因になります。
  • リューズの巻き上げ時に異音がする
    潤滑油が切れてしまうと、歯車系統の部品が破損しやすくなり、リューズを上げた時に異音がするようになります。
  • リューズが引けない
    これは深刻な状態であり、内部がさび付いてしまっている可能性が高いです。
  • リューズが空回りする
    動力が低下しており、やがて時計は止まります。リューズや巻芯が歪んでいたり、ゼンマイが切れてしまっている可能性が大です。

修理の方法

リューズの不具合のほとんどは、新しい部品に交換することで解決します。また、リューズ部分から浸水があった場合は、オーバーホールをする必要があります。

修理のポイント・注意点

日本ロレックスではリューズの交換だけでなく、その他メンテナンスなども加算されてしまうので、リューズのみの交換であれば時計修理店にパーツ交換依頼をしたほうがおすすめです。

また、リューズを巻いた時、いつもと違う感触を感じた場合は破損している可能性がありますので注意が必要。かなり力をいれないとリューズが巻けない…なんて状態であれば、リューズ自体が破損している可能性もあるので、強引に巻いてしまうと、ますます状態が悪くなってしまいます。それ以上巻かずに、早めに修理に出しましょう。

ロレックス修理店おすすめBEST3

PAGE TOP