ロレックスの修理前に知っておきたいこと
おすすめのロレックス修理店情報をまとめています。
ロレックス修理店
費用比較リスト
  1. ウォッチ
    ホスピタル

    防水検査やキズ磨きなど
    オーバーホール特典あり

    オーバーホール料金
    2万3,000円~

    公式HP

  2. カナルクラブ

    月間600本以上の修理実績
    業界の評価も高い老舗

    オーバーホール料金
    1万7,000円~

    公式HP

  3. ドクター
    ウォッチ

    自宅にいながら申込みOK
    使い勝手のよいサービス

    オーバーホール料金
    3万8,900円~

    公式HP

ケースやブレスレットのキズ

ロレックスのケースやブレスレットにキズがついてしまった場合の修理について解説。故障の内容をはじめ、修理の方法やポイント・注意点をまとめています。

ケースやブレスレットに傷がついてしまった場合とは

比較的硬いステンレスチールを使っているとはいえ、日々の使用で細かいかすり傷や打ち跡がついてしまうのは自然なことです。細かい傷やかすり傷程度であれば、磨くことで消すことはできますが、傷が深いとそうはいかなくなります。

深い傷を消したいとして削りすぎると、形が変わってしまうだけでなく時計の寿命を短くしてしまうことになります。そうしたリスクを負うよりも、交換するほうが費用は高いですが安心です。交換費用としては、大体10万~12万ほどと高額になります。ちなみに、交換しないでそのままにしておくと、傷跡に錆が発生しやすくなりますので、早めに対処するのに越したことはありません。

研磨で修復する場合、ケースであれば大体1万円ほど、ブレスレットであれば1万5千円ほどの費用が発生します。ブレスレットはピンで繋がっているだけなので、錆や衝撃などに弱く、抜けたり折れたりしやすいです。ピンの打ち込みだけなら1万円ほどですが、変形してしまって交換する場合は、さらに追加費用が…。費用については、ブレスレットの種類によってピンからキリまであります。

修理の方法

時間をかけて丁寧に研磨磨きを施すことで、新品のような美しさに戻すことができます。ケースやブレスレットを分解して、一つ一つの部品をきれいに研磨していきます。お店によって呼び方は違いますが、研磨、新品仕上げやポリッシュなどと呼ばれています。

修理のポイント・注意点

研磨技術は、担当者によって異なります。腕が良い職人さんは研磨できるレベルを把握しており、やりすぎることで形が変わってしまう場合は交換を勧めてきます。研磨しすぎることで形が変わり、美しいシャープなラインが丸みを帯びてしまった…なんてこともあるのですから、そのお店の研磨技術や実績は要チェックといえます。繊細な技術が求められることもあり、お店によっては研磨の専門職人を置いているところもあるほどです。

ちなみに、あて傷などの深い傷がある場合は、ケースの変形を予防するためにも、あえて残しておくこともあります。

ロレックス修理店おすすめBEST3

PAGE TOP