ロレックスの修理前に知っておきたいこと
おすすめのロレックス修理店情報をまとめています。
ロレックス修理店
費用比較リスト
  1. ウォッチ
    ホスピタル

    防水検査やキズ磨きなど
    オーバーホール特典あり

    オーバーホール料金
    2万3,000円~

    公式HP

  2. カナルクラブ

    月間600本以上の修理実績
    業界の評価も高い老舗

    オーバーホール料金
    1万7,000円~

    公式HP

  3. ドクター
    ウォッチ

    自宅にいながら申込みOK
    使い勝手のよいサービス

    オーバーホール料金
    3万8,900円~

    公式HP

ロレックス修理店おすすめ3選

このページでは、純正パーツを使用し、高品質な修理サービスを提供している、おすすめのロレックス修理店を、モデル別のオーバーホール費用例で紹介しています。

ロレックスの修理を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

オーバーホール費用で比較したおすすめショップ3選

カナルクラブ ウォッチホスピタル ドクターウォッチ
デイトジャスト
Ref番号5桁:1万7,000円~
Ref番号6桁:2万円~
デイデイト:2万2,000円
デイトナ:4万円
デイトジャスト:2万3,000円~
デイデイト:3万円~
デイトナ:4万円~
デイトナ:6万3,000円~
(ほか定期メンテナンス3万8,900円~)

※費用例は、すべてオーバーホールの場合となります。

おすすめのロレックス修理店3社の特徴を詳しくチェック!

修理費用が安いだけではありません!ロレックス修理店3社について、特徴や魅力を掘り下げて解説します。

カナルクラブ

カナルクラブの公式サイト画像
画像引用元:カナルクラブ(http://www.watch.ne.jp/)

40年以上の歴史と高い技術力

カナルクラブは、時計修理業者として40年以上の歴史をもっています。現在も月間600本以上の腕時計修理をおこなうなど、実績は充分。

修理を担当するスタッフは、時計修理技能士1級技術者の指導を受けており、細やかでクオリティの高い技術力を誇っています。

その実力は業界内でも信頼が厚く、大手リサイクルショップのブランド時計修理も引き受けているのだとか。安心して修理を依頼できますね。

リーズナブルな料金設定に込められた思い

カナルクラブのロレックス・オーバーホール費用は、上記の表を見てもわかる通り、安価に設定されています。しかし、腕時計は精密機械。蓋を開けたところで修理や部品交換の必要が生じ、 追加料金が発生することも考えられます。こうした事態を考え、カナルクラブでは基本料金をできるだけ抑える努力をしているのだそうです。

また、オーバーホールを定期的におこなうことで、愛用のロレックスは快調に時を刻み続けることができます。

「大切な時計との一生に渡るつき合いを、低料金でサポートしたい」。そんなユーザー目線を忘れない修理店・カナルクラブ。ぜひあなたの大切なロレックスを預けてみてはいかがでしょうか?店舗は東京・御徒町駅からすぐですが、地理、または時間的に持込みの難しい方には、梱包キットを無料発送してくれますよ。

アンティークモデルにも対応

1960年のモデルなど、アンティークもののパーツも用意。アンティークモデルのパーツは、基本的に在庫が希少になっており、モデルによっては専門修理業者はおろか、正規メーカーでも用意がない場合が多いのですが、カナルクラブでは愛着をもって使ってきた時計も、安心して相談できます。

ウォッチホスピタル

ウォッチホスピタルの公式サイト画像
画像引用元:ウォッチホスピタル(https://www.watch-hospital.net/)

オーバーホール特典あり

オーバーホール時には、さまざまな無料サービスをおこなっています。業務用の高性能超音波洗浄機によるケース&ブレスレット洗浄、防水試験機による防水チェック、プラスチック風防のキズ磨き、ベルトコマ足しやコマ抜き調整。さらに、脱磁機による磁気抜きで、帯磁して止まってしまったり狂うことがないようにします。専用機器がそろっているからできる、嬉しいサービスです。

マイページとマイカルテで利用状況を確認

ウェブページから申し込むことで、専用のマイページが利用できます。また、時計の修理内容などを記載したマイカルテも作成され、修理完了後には写真と修理内容がアップされます。これは、WEB保証書にもなります。前回のオーバーホールがいつだったか、どんな不具合があってどのように修理したのか…いつでも確認ができますので、次のオーバーホールにも活かすことができます。

防火・防犯対策、損害保険対応済み

たとえ不具合があるとはいえ、ロレックスなどの高級時計は資産価値があります。店内には常にたくさんの高級時計があることからも、セコムの防犯・防火システムを導入して事故や盗難にあわないように対応しています。時計は耐火金庫に、さらにセコム損害保険の「動産総合保険」に加入しているので安心です。

ドクターウォッチ

ドクターウォッチの公式サイト画像
画像引用元:ドクターウォッチ(https://www.doctorwatch.jp/)

ネット×宅配で依頼も楽々

ネットショップと宅配を組み合わせた、時計修理・時計オーバーホール専門店。依頼する際には、ドクターウォッチに宅配便をお願いすれば、自宅まで集荷に来てくれます。もちろん、発送用の専用箱も送付されますので、梱包関係も手間がかからず安心です。修理完了後は、店頭で受け取るだけでなく宅配便でも可能。近くにない方でも、気軽に申し込める最適なサービスです。

正規店と同レベルの技術

正規店と同レベルでの修理やオーバーホールが可能。定番モデルはもちろん、アンティークモデルも受付けています。
修理に使うのはすべて純正品であり、作業も純正工具を使っておこないます。内部・外部を細かくチェックし、タイミング調整や防水、制度テストなど経て、新品同様の機能に戻します。
ちなみに、部品の入手が困難な一部のアンティークモデルに対しては、リビルトなどで対応することも。他店で断られた場合、こちらに相談してみるといいかもしれません。

充実した設備での修理

修理は、技術者が一貫しておこないます。機械式時計の精度を測るにはウイッチ・エキスパート、クォーツ時計の電圧の測定などにはクォーツ・テスター、超音波自動洗浄機、防水試験機、外装用洗浄機、双眼実体顕微鏡、磁気抜き器、側開け機、恒温槽、耐磁試験機…と、すべての工程で修理専用機を使っているので安心です。

ロレックス修理店おすすめBEST3

PAGE TOP